EM活用液

EM菌をふやして使う!
 ●ヌカでふやした物・・・ぼかし
   材料のヌカ、油粕、魚粕、もみ殻は当店に準備してあります。
   自分で作ると材料費だけでたくさん作れてお得です。
 ●挑戦!・・・屋内型容器で生ごみ堆肥化
 ●培養装置を使い、培養したもの・・EM活性液
 ●米のとぎ汁をえさにして培養したもの・・EM米のとぎ汁発酵液

  ぼかしについて  
完成品 材料 使い方
1型
350円
ヌカ、もみ殻、
EM菌、糖蜜
生ごみを専用容器にいれてためるときに、このボカシを使います。
2型
450円
ヌカ、もみ殻、油粕
魚粕、EM菌、糖蜜
畑にこのまま肥料、追肥として使います。

 EMボカシ、EM発酵液の作り方を教えています。
   ◎ヌカを利用してボカシを作ります。ボカシ1型・2型
   ◎EM菌と米のとぎ汁などを使って発酵液を作ります。
    家庭菜園や環境浄化にとても役立ちます!

  午前10時〜午後3時:お電話でご予約して下さい。
    八島米穀店  022-256-2068
 EM米ぬかぼかし


  屋内型容器で生ごみの堆肥化  
仙台市は100万人のゴミ減量大作戦を展開中です!
生ごみを堆肥化するのは手間もかかり大変な仕事ですが、実は生ごみを土に戻すとミネラルたっぷりの有機肥料となり、その土で育てた野菜は有機栽培ですからとてもおいしくなります。
挑戦したけれどよくわからない方、臭いや虫発生などで困った方、いつでもご相談下さい。

【1】
屋内型容器 ボカシボックス
仙台市の補助あります。
申請していただくと容器2個4,000円が無料となります。

       
【2】
下に新聞紙1枚をしき、準備する。生ごみを容器に入れ、ボカシをかけてまぜる。
うち蓋をしなくても外蓋をしっかりしめれば臭くなることはないです。

【3】
容器がいっぱいになるまで生ごみボカシあえをためます。 容器が生ごみで満杯になったら、もうひとつの容器にためていきます。
満杯になった方は熟成させてから土にもどすと分解がはやいようです。

【4】
畑にもっていき、畝にひろげる。その上に土を10センチほどかけて1ヶ月ほどすると生ごみは分解している


  EM活性液について  
EM1号に糖蜜、EM2号、3号などを加えて培養装置でふやす。
当店はEM1号を100倍まで培養できる『MASAMUNE』を導入してEM活性液を作っております。
ローコストで使えますのでどうぞご利用ください。
当店の活性液(EM1号と同じように使えます。)
EM農法で家庭菜園を実践している方には便利です。
環境浄化として浄化槽をきれいにしたい方や、にごって臭い池などに大量に使いたい方におすすめします。

家庭菜園にたっぷり使ます。
浄化槽をきれいにしたい方や、にごってくさい池などに入れるため大量に使いたい方にとてもお得です。

  米のとぎ汁EM発酵液  
米のとぎ汁は捨ててしまえば、川や海を汚す生活排水になってしまいます。 そこで米のとぎ汁EM発酵液を作ってキッチン、トイレ、浴室、洗濯などにお使い下さい。

用意するもの
  ・米のとぎ汁・・・約2リットル
  ・EM1号(EM活性液でもよい)・・・約30cc
  ・糖蜜または砂糖・・・大さじ2(約30g)
  ・自然塩・・・少々 ペットボトル  ※ガラス瓶は割れる危険があるので使用しないでください。
  ・その他備品(ボール、ジョウゴ、計量スプーン)
作り方
  1.米のとぎ汁(新鮮なもの)にEM1号、(またはEMW、EM活性液でもよい)砂糖、
    自然塩を入れ、かき混ぜます。
  2.ジョウゴを使って@を良く洗ったペットボトルにいれます。
  3.しっかりとキャップを閉めて、ふり混ぜます。
  4.冷蔵庫の横など、温かいところに置いておき、甘酸っぱい香りになったら出来上がり。
使い方
  ・ 台所で食器洗いに、まないた洗いに使えます。
  ・ ふき掃除に使うとニオイが消えて、つやつやさわやか
  ・ 便器に原液を適量流しいれておくと汚れが付きにくくなります。
  ・ 洗濯の際、上澄み液200cc入れ、一晩つけ置きしてから洗うとふっくらに
  ・ 浴槽に上澄み液を200ccほど加えると、お湯が滑らかになり、体が芯まで温まります。
   浴槽のお掃除も楽になります。